安全を創造する匠の技

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○○○○○○

作業工具ができるまで

1. 設計・製図

コンピュータCADシステムを使用して設計を行います。

2. 金型

熱間ダイス鋼を使用し、型彫から仕上げまで一貫して自社で製作しています。

3. 材料

工具に最適な鋼(クロムバナジウム鋼)を使用しています。

4. 鍛造

①材料を電気やガスで熱する(約1200℃)。
②金型を取り付けたエアハンマーで成型する。
③抜型でバリと鍛造製品に分ける。
④鍛造製品に焼きなましを行ない、機械加工しやすい硬さにする。

5. 機械加工

6. 熱処理

7. ロボット研磨

ロボット研磨機による研磨を行います。

8. メッキ

9. 組立

10. 製品検査

各種検査を行います。
・各部寸法の測定
・下アゴのガタ測定
・傷やメッキ不良の有無を確認
・下アゴ、ウォームの動きを確認

 



 

短絡防止絶縁工具とは

従来の他社で販売している大きな絶縁工具から、短絡事故までも考慮したフィスコインターナショナルが開発した短絡防止絶縁工具へ

フィスコインターナショナルの短絡防止絶縁工具は、その素材も高価であり何ミクロンという薄いコーティングではなく作業性を失わない厚さとして0.5mm厚になっております。何回も同じ工程を繰り返し、少しずつ厚くしていかねばなりませんので、非常に難しく手間のかかる作業となります。

一般的な絶縁工具は色を変え2層としていますが、弊社では1層目と2層目では硬度も異なり、安全性と耐久性を考慮させることに成功しました。
これにより、更に手間と高度な技術を要する事になります。

吹き付けては焼き入れを何度も繰り返します。

仕上げもひとつずつ手作業

ピンホールテスト
一つ一つ心を込めて作っています。
全ての作業において長年の経験から得た特別なノウハウがあり、その日の気温、湿度を考慮した作業を行います。一切妥協せず、日々前進しています。

代表取締役社長 新谷章

先端まで絶縁化したニッパーは弊社だけです。